大学や美術館などイギリス留学でたくさんのことを学びました

イギリスに惹かれる観光客また英語を習得したいという学生は多いでしょう。島国ゆえ日本の様に単一民族というイメージかもしれません。実は多民族国家であるイギリスには、色々な文化や風習あるいは歴史があります。音楽やファッションも様々です。建造物も多様で伝統的な物から近代的なビルまで共存しています。

わたしはイギリスへ英語を勉強しに何度か行っていますが、期間は長期だったこともありますし短期だったこともあります。

そんなイギリス留学を短期だけ行っていた時の体験談をお話しましょう。イギリスは美術館に外国人であっても無料で入れるんですが、おかげでその時の目的だった価値がある美術品に触れるという行為が大いにできました。

近くの飲食店で伝統料理も味わいましたしエスニックフードも食べました。家庭では日本と同じ様に冷凍食品や出来合いの物が出されることも多いですが、ていねいに作った物を出すお店もあります。そのメニューまた一緒になったお客さんやお店の人との会話を通して英語を学ぶこともできました。

仲良くなった友人や大学のクラスメイトとサッカーやテニスなどを観戦をしたこともありますしアクセスしやすいヨーロッパ各国に旅行したこともありますが、それを通して学んだことも多いです。

もちろんトップレベルの先生のもと大学で英語の知識を得ることもできました。その費用は、大阪市のイギリス留学の支援サポート会社のおかげで、他のヨーロッパ諸国と比べ安かったです。講義以外での先生のサポートも有難かったです。