投稿者「beef-club_admin」のアーカイブ

小さなオフィスでオゾン生成器を使用していた時の話です

私は地球環境に少しでも貢献できれば良いと思い、オゾン発生器の導入をしました。費用は若干高かったですが、効果を考えれば問題ありませんでした。オゾン生成器は加湿器とよく似ています。オゾンを見分ける方法を知らない方では一見、加湿器と見分けがつきません。どちらもミストなので効果がないのではないかと疑ってしまう時もありましたが、若干違うところはあります。見分け方についての話はオゾンのデメリットとなりますので説明は最後にします。

まずはオゾン発生器を注目したオゾンの性能から解説します。オゾンは酸素原子が3つくっついてできた“O3”となります。オゾンでは主にウイルス 除菌、脱臭効果が望めます。この理由の一つは空気中で悪臭の元の原子と反応してオゾンとくっつくことにあります。
悪臭とは主に(アンモニア)2NH3や(硫化水素)H2Sになります。これとオゾンが反応すると呼吸の際に必要な(窒素)N2や(酸素)O2に変える事ができます。この反応が除菌、殺菌、脱臭効果になるのです。菌の元は上記の悪臭から成るものが多いのでミストが届く範囲では効果を発揮することができます

私は身の回りから地球を守っている気もしましたが、ここで上記の見分け方が重要になります。見分けるのではなく嗅ぎ分けるのです。ツーンとした特有の匂いがわかります。嗅いでいれば嗅ぎ分ける事ができます。これが0.5ppm(百万分率)を超えてくると人体に有害性が出てきます。なのでオゾンが増え過ぎれば大抵の方は本能で危ないと判断できるのです。
私は小さなオフィスでオゾン生成器を通販で購入し、使用しましたが一度危険を感じた事があります。強烈な刺激臭です。調べてみるとオゾンの増えすぎは良くないのです。使用の際は注意が必要です。