月別アーカイブ: 2020年8月

健康にも良くて味が美味しい赤味噌について

日本ならではの発酵食品として人気があるのが味噌ですが、やはり栄養満点でありながらも色々な料理に使えるという点もあり、自分もよく料理に使っています。赤味噌は栄養が豊富であり健康面からもおすすめできる食品ですが、種類によっても味や風味、栄養素などが違ってくるので色々と試したくなってきます。

米麹を使った米味噌も最近では人気になってきているのですが、自分は豆を使ったスタンダードな赤味噌が美味しくてよく使っています。赤味噌というのは大豆を蒸す工程が重要であり、発行の時間も長くなっているので味にコクが出るのが特徴です。コクのある味が出るのでややしょっぱいという風味になるのですが、それを活かす煮込み料理などに使うと丁度いい塩梅になるので便利ですね。

通常の大豆を使った赤味噌はタンパク質が豊富でありイソフラボンを含むため栄養面でも優れているのは良いと思います。また赤味噌は栄養素としては抗酸化作用のあるメラノイジンを初めとして様々なビタミンミネラルも豊富なので、普段の味噌汁に使っています。上述のようにイソフラボンや抗酸化作用が優れているという点から生活習慣病予防としても赤味噌は効果があります。若干ですが他の味噌と比べると塩分が多いために、そのさじ加減だけは気を付ける必要がありますが、それでもコクのある風味もあって色々な料理に合うのは凄く良いですね。

江戸甘味噌を基本的に使っているのですが、味わいは結構マイルドなので普段から使っていける感じですね。津軽味噌や仙台味噌は米を使った赤味噌ということでしょっぱさがあるのですが、これはこれで独特な味わいなので好きになっています。